飛田新地で1日働く細かい流れとは?

飛田新地といえは、日本有数の遊郭の跡地として有名な夜がメインの街です。

そこでは、気にいる女性を探す女性と、自分を気に入ってもらうために試行錯誤している女性という姿があります。

 

先に飛田新地で働く女性へ伝えておきたいことがありますが、楽勝で稼げるという事ではありません。

他の仕事と比較するとサービス時間単価が恐ろしく高いというという事以外は、人によってはちょっときついと思うこともあるかもしれません。

 

その一つが、お客さんである男性に指名してもらわない限りお金は1円ももらえないということです。

何時間居ても、指名されないと、お店側もお金を払ってくれないという事です。

最近では、何時間滞在で、いくら保証という所はありますが、意外と性的な事を安売りしていたりするお店だったりもします。

とはいえ、それだったとしても、普通に働くよりは効率はいいですが、行為そのものへの抵抗などもある方は、多少の覚悟は必要になると思います。

 

基本は、お店に場所を提供してもらってお店で指名してもらって、お金をもらってそこから自分の取り分を貰うという感じです。

 

また、お店毎にだいたい女性が二人から、三人くらいは、ローテーションでお店の前に座るかんじです。

数分毎に女性が入れ替わって、男性に指名されたら、サービスをする。

その間は、別の女性が店頭に座る。

 

という事になります。

なので、1時間お店に滞在したとしても、店頭に座るのは、3分の1という事になります。

 

その3分の1の時間で女性は男性の指名を獲得して初めてお金になるという事です。

ここまで聞くと、大丈夫かなと不安になる人はいるかも知れませんが、そこは、飛田新地という地域柄、そういう目的の男性が来ていますので、よっぽどのことがなければ、指名されたりします。

 

また、仲居さんであるおばちゃんが、初めての女性の場合、初体験という事や、慣れていないという事をアピールしたりして男性に声を掛けたりします。

 

そういう、初な女性ばかりが好きな男性も居るという事で、おばちゃんが、初めての女性が好きな男性を覚えていたりすると、おばちゃんが営業かけてくれたりします。

 

そして、男性とおばちゃんで話があって、指名を貰えると、男性とともに2階に上がります。

 

そこで、簡単はコミュニケーションをとりつつ、サービスの時間などの話をして、時間がきまったら、タイマーをセットして、開始になります。

脱がせたりする間も時間に入りますので、実際のプレイ時間はあまり長くはありません。

基本的には、サービスの時間は15分、20分、30分という感じで設定してあったりします。

その時間と、指名された男性の数でその日の給料が決まります。

 

そういう意味で15分で貰えるお金が5000円くらいもらえたりするわけです。

15分で5000円とすると単純に計算ではありますが、1分あたり333円くらいという事になります。

1分で300円くらい貰えるという意味で、時間単価が高いという事というわけです。

 

あとは、人気になったりする為に、性サービス以外で、男性を虜にするような仕草や、男性が安心する喜ぶ、楽しい、きもちいい、という事などを含めて満足するかどうか・・

という事をどれだけできるか?という事です。

リピーターを獲得できるかどうかも、この飛田新地でどれだけ稼げるのか?という事に関係してくるという話です。

そして、プレイがおわったら、着替えて、下へ降りていって、男性を見送って、お金をおばちゃんに計算してもらってそのお客さんへのサービス終了となります。

 

あとは、先程も申し上げましたが、どれだけ繰り返して回数をこなすことができるのか?という事になります。

こういった情報というのは、きちんと相談できるやりとりがあるようなサイトなどで情報を集めたほういいのでそういったサイトを紹介致します。